ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

生活習慣に潜む異常

2018.05.08

コメントは受け付けていません。

2018-05-08 05.58.18

一昨日午後から降り始めた雨は昨日中降り続いた、おはぎも私も散歩に行けない不満を抱え過ごす

 

今朝はようやくその低気圧も過ぎ去り気持ちの良い朝、AM4:30いつもの時間正確におはぎの「おはよう」から始まった

2018-05-08 05.53.21

冒頭画像にあるように雨上がりの朝はMTBに限る、濡れた路面は砂や鉄紛を巻き上げブレーキシューにめり込む、やがてそのブレーキでリムを傷つけ止まりにくくもなる

 

ディスクブレーキはこんな時頼りになる存在、確かに最近ロードバイクでもディスク化が進んでいるのも判る気がする、レースなら危険度も増すかもしれない、しかしこう言う走り方にしろ長い下り坂でも握力小さい女子でも扱いやすい

 

 

 

 

|股関節痛と身体の捻じれ

 

無題

左:施術前 右:術後

 

女子と言えば昨日も右股関節痛でのお悩みで来院、画像許可を頂いたので掲載したが術前後の身体の捻じれがかなり違うのが分かる

 

詳細は症例ではないので書かない、しかし股関節だけに焦点を絞るのは少し乱暴な気もすると言う事、実はこの画像は初回であるが昨日3回目の経過でかなりこの体幹捻じれが術前も出ない、さらに痛みもVAS8→VAS2程度にまで落ち着いた

 

 

 

 

|身長と仕事

 

2018-05-08 05.52.47

一言に身体の捻じれがあるこれを言うのは簡単である、しかしその原因が何処から何が関わりそうなるのか紐解くのが困難、今回前述も発症時は趣味の卓球をされていた時

 

しかし仕事や生活環境などを加味すると様々なあぶり出しがあった、長身で細身の方はライン作業に近い仕事だそうだ、その際他のみんなと机や作業台の適正高さが異なると予想、職場の環境を見直して頂いたことも捻じれ減少の一助かも知れない

2018-05-08 06.03.32-1

実際以前木工系の仕事をされるお方が腰痛と腱鞘炎にてのご来院、作業は地面に置いてある箪笥の部品を持ち上げ機械へ挿入する、このルーチンワークをされていたのが原因

 

営業職から配属変えになり年配の多い現場仕事へ、痛みを覚えた来院者様の身長は180cm近い大柄で前述と同じ改善策を行い好転した経験

 

 

 

|生活習慣の中に潜む

 

2018-05-08 05.19.16

日常生活の中に様々な因子が散りばめられる、そこを改善するのも対処療法以上に大切である、おおよそ痛みが出た際に思いつくのは直前の何か

 

あくまでもそれは最後の一撃と言うパターンが非常に多い、本当の原因は「毎日のそれ」なのだ・・・厄介なのは自身で気づけない生活習慣と言う当たり前になってしまった異常

2018-05-08 05.36.26

これに気づく方法が二つある

 

ひとつは毎日ストレッチなどを行い動きの悪さや軽い痛みなどの変化、これにいち早く気づく事で比較対象は前後左右の違い、もうひとつは環境であり例えば「靴が変わる」「職場が変わる」など外因変化、この二つをうまく組み合わせ身体変化を見過ごさない事だ

関連記事

コメントは利用できません。