ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

逆光シルエットとカラダの捻じれ

2018.04.13

コメントは受け付けていません。

2018-04-13 05.36.30

今朝もおはぎの散歩を終えてジョグからのスタート、いつも通り計測アプリを止めオリンパスTG-5コンデジカメラを片手に走る

 

今朝はどんな写真を撮ろうかな・・そう考えるだけでキロやペースは皆無、気ままに走り素敵な景色があればシャッターへ指を置くだけ

2018-04-13 06.17.36

ところで冬季に比べるとすっかり明るくなった早朝、もう少し早く出ないと夜・昼2パターン風景を楽しめなくなる、しかしお陰で日の出が創る逆光シルエットがありこれも好き

 

いつもサイク仲間と山に登ってもシルエットは欠かさないくらいだ

2018-04-13 06.19.38-2

シルエットと言えばロマンチックな画像からリアルな姿まで写す、もちろんこんな影は余り参考にならない・・しかし以前もある事に気付く経験

 

と言うのも以前自転車を走らせていたヒルクライム帰路、背中から太陽が燦々と前方へ影を作る、そんな時肩の高さが左右違う事へ気がついた、記憶は定かではないが右肩に力が入り首をすくめた様な格好

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後になるがハンドルに巻くバーテープ、これがやけに右ばかりスレ破れしてしまう原因ひとつがひらめきラインで結ばれた

 

こうした気付きもくれる逆行シルエットは太陽の当たる方向により、自身のランフォームも分かりやすいのではと考えた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何事も無く路面の白線を目で追いながら息を切らさない、自然を味方に付けいつも物事を考え観察しながらラン

 

肉体も思考もウォームUPして1日が始まる、朝の運動は清々しい以外にも得るものがある

関連記事

コメントは利用できません。