ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

雨の春分は痛みケア(骨盤の動き)

2018.03.21

コメントは受け付けていません。

2018-03-21 07.50.04

以前ランフォームの改善の為、競歩や忍者走りを取り入れた故の外旋六筋痛が未だにある

 

大腿二頭筋まで響く痛みは成長過程の物かと考えていた、しかしながらいつまで経っても治らない、更に痛みの種類と深さが筋肉痛と異なる、この事からも自身で手入れを行う

2018-03-21 07.48.49

ひとつ気になるのが仙腸関節の動き、ニューテーション&カウンターニューテーション(仙骨のうなずきと起き上がり運動)である

 

それと同時に大腿二頭筋の緊張痛から下肢伸展挙上テストで股関節の可動域調査、するとやはり健側右と比較して左の挙がり悪く痛みを伴う、坐骨神経痛の様な刃物でえぐる様な痛みは無いが鈍痛

2018-03-21 09.04.42

坐骨結節から足方へ大腿二頭筋長頭や半腱様筋、あるいは頭方へ仙結節靭帯が仙骨へ伸びている、外旋六筋も一部坐骨周辺から大腿骨へと連絡するものもある

 

緊張した大腿二頭筋や半腱様筋足方へ腸骨を引き下げようとし、追従して仙骨も後下方へ移動してニューテーションが起こりにくい状況と考えた

2018-03-21 09.12.01

実際仙骨を触診し僅かな動き(ゆとり)を診ても左患側はカチッと動かない、指頭感覚を通じて動きの消失を再確認したため動きを出す、再度仙骨の左右高さとPSIS(上後腸骨棘)の左高の確認修正

 

下肢伸展挙上可動域制限解放、およびその時腿裏の鈍い痛みもほぼ気にならないくらいになる

P3113616

自身でもこうして施術を行いトリートメント、メンテナンスと言えば春分の日の今日は雨予定が全て飛んだ

 

墓参りに孫とおはぎを連れて海にでも行こうか・・・、そう言わず今日はしっかりとカラダを休めんさい、まるで自然に諭されているのか先日撮ったしまなみブルーを観て和む

関連記事

コメントは利用できません。