ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

怪我や痛みと心構え

2018.01.13

コメントは受け付けていません。

2018-01-13 05.32.34

距離10.4km タイム51:51 平均ペース4:57/km 最速スプリット4:30/km カロリー829kcal 平均心拍122bpm 最大心拍158bpm 有酸素運動08:43 無酸素運動00:00

 

データー的には平均心拍も低めで楽そうに見える、しかしながら体幹を使えたらからかペースUP、紐解けば大腰筋や外腹斜筋の低下にて脚が前に出ない感じは次の課題

2018-01-13 05.34.59

今度はそこを考えながら身体づくりを行うとまだ伸びしろはある、但し少しでも楽に速く楽しく走る事が目的、決して血の味がする程は追い込まない

 

ところで今朝も線路の枕木が凍る、Siriに尋ねたら今朝も楽しい返しが帰るから笑ってしまう

無題

こう寒いとやはりみなさまの活動も緩やかになる、特徴として行動が遅れ「急性期」の痛みが多くなるのも直前まで我慢される心掛け低下傾向が否めない、とても日により来院者様数の増減が激しい

 

その空いた時間に確定申告や雑務をこなす訳である、日中詰まり過ぎるとこれが残業になるのでバランスしているのかもしれない、そんな時・・・ひとつ話が舞い込む

2018-01-13 05.46.08

「講演依頼」である、某森林組合様の防災や健康管理についてである

 

話によると毎年理学療法士さんなどをお呼びし行うそう、今回は私の臨床や経験の元から身体の使い方も含める、未然に怪我や関節疾患予防にとの事

2018-01-13 05.51.56

喜んでお受けした、そして同時に・・何故私に話が来たのかと考える、恐らく眠くならない理論外の話だと思慮

 

主催者様が職員様の健康を案じされている意図を汲み、また怪我しない様心配される大切な誰かの為に、テクニックより魂へ響く理論よりその向こう側な話をしたい

2018-01-13 06.06.41

何故なら交通事故、怪我や病気に至るまで、「心の隙間=油断やうっかり」が根底にある、テクニックよりマインドである

 

もし自身が病気になり・・・家族や恋人また親に負担を掛けてしまう、心構えが出来ていると実は健康度も高まる、だからメンタル&フィジカルを鍛える為に自身も早朝寒くても走る

2018-01-13 05.52.29

心構えが出来ると・・不思議な事に手順通りの動作や危険予知を行う慎重さが出る

 

ギックリ腰や腰痛でもそう、未然に異変に気が付くと自身でケアしたり素早い専門機関への来院、最終的に長引く所まで行かない

関連記事

コメントは利用できません。