ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

あごの動きと首の痛み

2017.12.23

コメントは受け付けていません。

2017-12-22 13.50.58

祭日に付き院にお休みを頂く、天皇誕生日と言えばどうしても昭和天皇の4月29日を思い出す、と言うのも私は4月28日で前日にこの世へ生を受けた

 

イメージと言うものは強いものでそんな理由からどうもしっくり来ないのである

2017-12-22 14.04.23

それにしても見事な甘えっぷりなおはぎ、なりは大きくなっても依然と中身は子供なので致し方ない

 

それより変な格好で寝ても首が痛くならないのだろうか、そんな心配さえするような柔軟性に富んだ彼の身体、実に羨ましい限りだ

2017-12-23 07.26.06

首と言えば・・・昨日も「首を反らすと痛みがある」来院者様から伺う、先ずは痛みの出る格好をして頂き評価した所意外な原因、今日は少しそこに触れてみようと思う

 

 

ヒトは頸部の動きと同調して顎(あご)の動きもある

 

1)屈曲→口を閉じる

 

2)伸展→口を開ける

 

3)側屈→傾けた方の歯を食いしばる

 

 

もし首を後ろに反らすと咀嚼し難い、首の前が突っ張り上手く噛めない感じをやって見て頂ければ解る、逆に口を閉じたら、首を過伸展させにくいつまり感が出て来てしまう、まさに黄色アンダーラインの傾向があった

2017-12-22 14.22.10

頭部の筋が側頭筋で青反転が咬筋である、実際評価を行うと側頭筋と特に右咬筋が固く緊張していて圧迫痛もあった

 

問題の部位をリリースすると伸展の動きが良くなる、勿論お悩みである首の過伸展痛原因はそれだけでは無い、今回は顎の動きと首痛として書いた(顎関節動作制限と頸椎の連動性

 

開口制限と言えば特に顎関節症などでを開けにくい不都合、これが頸部にも影響する事をお伝えできれば

2017-12-22 17.31.57

仕事の事の記事途中思い出したが昨日遂に赤外線ランプの球切れ、9年近く頑張ってくれたのでそろそろ寿命かも知れない

 

時として慢性痛で筋委縮し関節の動きをこわばらせている来院者様のお手伝い、それをし続けた彼にもありがとうを言わなきゃ・・そんな気持ちにさせる師走の朝である

関連記事

コメントは利用できません。