ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

脚力低下と腰痛

2017.12.14

コメントは受け付けていません。

2017-12-14 07.04.38

道端の雑草も真っ白く結晶、凄い霜であるが一瞬雪?かと思うくらいの厚みがある

 

舗装路でも橋の上は「ザクザク」と小さく音鳴り、少しペースを緩めて走った

2017-12-14 07.06.23

距離10.1km タイム57:46 平均ペース5:40/km 最速スプリット5:25/km カロリー807Kcal 獲得標高52m 最大高度28m 平均心拍129bpm 最大心拍164bpm 有酸素運動22:30 無酸素運動0:06

 

今朝も全く追い込まない・・と言うより正直に書くと脚が怠い、1年程度休んでしまった代償は筋力低下という結果、心肺機能は全く問題なく汗もそこまでかかない

2017-12-14 06.16.46

通りで最近自転車のデーターも遅くなり芳しくないと感じてた、いつもそうだがジョグで床反力を付けると持病の霜焼けも解消し自転車力もの自ずとUP

 

脚力と言え昨日の来院者様も話がやや被るので書こうと思う、症状は現在も温存療養中の腰椎椎間板ヘルニアにて腰痛、類まれなく脚力低下も起こしていた

2017-12-14 08.29.45

中でも気になる部位と言えば腸脛靭帯だった、青反転の筋は外側広筋で膝を伸ばす際に作用痛、腸脛靭帯と言えば片脚立位などの際体幹を安定させる作用、応用に硬く緊張しているのが常なのだが・・

 

表層の腸脛靭帯は深部の外側広筋作用を妨げる、また腸脛靭帯との滑走性低下も招き歩行トラブルや腸骨を通じ腰痛への起因ともなる、もちろん他にも原因はあるが今回の気づきを覚書とした

2017-12-14 06.36.59

ヒトは関節の動く範囲を存分に使いかつ筋組織の力を借りて動作を行う、例えそれが静止であっても止まると言う運動なのだ

 

前後左右のバランスが崩れた時、ヒトはそれを不調と言う・・・その前に保つ努力をすれば問題ない、何事も行っただけの結果しか出力しないのは言うまでもない

関連記事

コメントは利用できません。