ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

タノシンデカラダウゴカス

2017.11.27

コメントは受け付けていません。

PB277118

27日月曜日の朝、昨日は午前中因島サイクリングに行く

 

白滝山五百羅漢を一望し残り行く紅葉、そして仲間とのたわいのない会話でヒルクライム、しかし楽しくて笑いすぎる筋肉痛は足では無く腹筋に来そうだ

PB277129

とは言うものの運動した翌日はどうしてもカラダこわばる、関節可動域の低下で動作パフォーマンス低下は否めない

 

ならばゆっくりとマウンテンバイクで夜明けを楽しむ、一旦ジョグも脳裏へ過ぎった・・と言うのは昨日ヒルクライム後目的地まで数キロ登山、そこで床反力低下を感じたから運動不足確定

PB261586

こうして冗談しながら楽しく登る、例えばひとりで黙々登るのは楽しくないだろう

 

しかしこうしてお喋りしながら登山すると何とあっという間に山頂へ辿り着く不思議、「楽しい事でカラダウゴカス」いつも書くのはこの事だ

PB261596

標高227メートルの白滝山は、因島村上水軍6代当主村上吉充が観音堂を建立し、文政10年柏原伝六とその弟子達によって造られた700体の石仏がところせましと並んでいるーhttp://www.go-shimanami.jp/spot/?a=65ー抜粋

 

正直歴史には全く疎い私である、しかしながらこのいにしえと絶景が加われる、運動した後のご褒美としては「登って良かった」と思わせるには充分

PB266972

こうしてお地蔵さんも微笑んでいるかの様

 

それも行動を起こさなければ出会えない

PB277155

だから今朝もいつもと同じ

 

朝が来れば早起きして活動をするのみ!

関連記事

コメントは利用できません。