ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

五十肩の前兆

2017.11.22

コメントは受け付けていません。

2017-11-22 06.01.48

通りで寒い筈だ、福塩線の枕木が霜で凍てつく

 

今日はおはぎ散歩を早めに終え少しサイクリングを楽しんだ、と言うのもフロントチェーンリングをコンパクトからノーマルに戻す、その更新後変速機などの微調整も兼ねて

2017-11-22 06.16.15

リア変速の具合がイマイチなので走りながらテンション掛ける、実走しながらの微調整が何だか一番しっくりくる

 

明日はサイク仲間さんと広瀬山頂を目指そうと思うから、ノントラブルの為にも力が入った

2017-11-22 07.11.40

昨日も肩凝りから五十肩になった来院者様を診る、肩関節周囲炎とか凍結肩と言われる所以通り、カチカチに固まった肩甲骨と胸郭(肩甲胸郭関節)や肩甲骨と上腕骨の関節(肩甲上腕関節)はロック、鎖骨の動きも悪い

 

しかしながら良く確認出来るのは元々肩凝りが酷い、しかも何かしら手先や腕回りを使われるお方が当院では多い

2017-11-22 07.12.19

更に痛くない方の腕を上げる動作(健側挙上動作)に於いても困難、その際に広背筋と大円筋が問題点に上がる事が多い

 

大円筋作用は肩関節「内転 内旋 伸展(腕を背中側へ反らす)」、委縮は肩関節のバンザイ(屈曲)は困難になる、これが五十肩の予兆で何かしらの外力(使いすぎ)+悪化するのではなかろうか?

2017-11-22 07.27.23

広背筋と大円筋の位置関係も近接して相互の緊張でも影響されやすい、以前も五十肩とは程遠い年齢である女子中学生

 

バトミントン部活でスマッシュの練習過負荷、「腕が外れそうに痛い」とのお悩みでご来院、前出症状の疑いありで施術好転した経緯もある

2017-11-22 06.19.45-2

もちろんこれは一例であり、名前の通り肩関節の周囲の問題なのだから、その動きに対しての痛みの原因は異なり注意深く観察する必要がある

 

更に巻き込み肩を呈して入れば胸前部筋群トラブルは必至、そこを間違えると来院者さまもセラピストも悩まなくてはいけない、実は過去に沢山悩んで・・・これからもカウンセリングでお悩みを聞く、出来ない動作や痛みを洗い出しロジカルシンキング

2017-11-22 06.14.58

さぁ開院準備日をして今日もスタート

 

明日は祭日でお休み前日は気ぜわしい、そんな時こそ慎重に行く

関連記事

コメントは利用できません。