ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

骨盤帯と膝痛

2017.11.18

コメントは受け付けていません。

写真 2017-11-18 7 16 24

今朝は降雨のローラースタート、おはぎは不満満載であるが午後からでも雨があったらお出かけしよう

 

ところでローラーと言えば今朝も体幹軸と関節の動きを確認、それには手放し運転が良く分かる、その証拠に重いギヤ×低ケイデンスではスピードが乗り身体がブレない、逆に軽いインナーローだと惰性も付かない高ケイデンス、身体はふらつきまくり手放しは無理だ

2017-11-18 07.02.58

高ケイデンスでも体幹軸がブレない様にするには股関節や骨盤帯の動き、スムーズに行う事が良いと考える

 

人は足を地面につける際は衝撃を受け止め踵から接地骨盤は後傾・外旋する、そして体重を支える中立の位置を経過、地面を踏み抜く時には骨盤は前傾・内旋運動を行う

2017-11-17 15.00.03

※左:立脚相 右:左脚踵接地期で右立脚中期から脚踵接地期へ移行しようとしている骨盤の動き

スムースにこの運動が行われる為にはサドルへ着座する際、骨盤後傾でもなく前傾でも無い可能な限り中立が良い、俗に言えば力が入れば前記のどちらかに偏る、そうなると脚に頼るペダリングになりかねない

 

自転車の事ばかりでは「なーんだ関係ないや」と思われるだろう、もちろんヒトの歩行も前傾・後傾に偏った姿位は好ましくない、どちらも関節を締りの位置(ロック)してしまい脚に頼る、腰痛・背部痛やそのほか下肢の痛みになる

写真 2017-11-18 7 16 58

実は昨日も変形性膝関節症(膝OA)でお悩みの来院者様と出会う、詳細は症例にて後述するが骨盤後傾位である

 

特に右足軸で左脚を前に出す際「べたん」と足を投げ出す歩行、前述の骨盤後傾のまま歩こうとするが足を前方へ振り出しが鈍いのではないだろうか?

無題

右の脚が画像から見てもO脚になっているのが解る、中臀筋の低下や他多様な問題が山積み

 

ひとつずつ片付けたいが、もちろんご紹介したのは元気な今から気を付ける方が良い事を書きたいからだ

関連記事

コメントは利用できません。