ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

身体の中も意思疎通

2017.11.07

コメントは受け付けていません。

写真 2017-11-07 6 17 44

AM4:00いつもの様に携帯のアラームからスタート、すると必ず確実に起きれる理由はおはぎの濡れた鼻

 

これをそっと頬っぺたにぴちゃり、これで十中八九ご主人が目覚めるのを彼は知っている

IMG_8196

こんな目で観ながら鼻先や口で言いたい事をボディランゲージ、言葉通わぬ異種が意思疎通できるのだから不思議だ

 

意思疎通と言えば昨日の来院者様を思い出す、物は違うのであるがまるで筋と骨格、繋がりお互いに影響させてしまう

2017-11-06 17.43.17

ヒトを右下から見上げた図、鎖骨の下についている鎖骨下筋であるが第一肋骨~鎖骨への連絡を持つ、なるべく難しい表現は避け書く

 

肩甲下筋は鎖骨を下制し動きを止める、胸鎖乳突筋も鎖骨へ付着するので鎖骨下制で引き伸ばされる

2017-11-07 07.20.57

胸鎖乳突筋は引き伸ばされれば元へ戻る作用(遠心性収縮)、依って緊張を常にしている胸鎖乳突筋は痛みを呼ぶ

 

今回右首の痛みと言うお悩みの一端ではなかろうか、もちろん様々な原因が重なりの事であり一部を紹介した

写真 2017-11-07 6 37 50

筋や骨格は意思疎通はしない、しかし「痛み」と言う信号を神経経路に依り脳へ伝える

 

その際出来るだけ都合よく効率的に生活出来るよう、脳から頚椎を介し体幹を経て四肢へ伝えコントロール、これも意思疎通のひとつかもしれない

関連記事

コメントは利用できません。