ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

背骨の曲がりと痛み

2017.10.19

コメントは受け付けていません。

ブログを書こうと画像を探していたら先日の写真、鯛焼きひとつを頬張る為にわざと距離を伸ばし走る

 

サイク仲間さんと冗談をしながら、私は前車へ「待って!」のポーズで笑いを誘う

2017-10-19 06.57.20

しかし現実は厳しく今朝も大粒の雨、どうにも外は程遠く感じおはぎと私は空を見上げた

 

ピンチはチャンスとよく言うが活かしてこそ、どうせ散歩が出来ないのなら毛むくじゃらに時間を貰う、三本ローラーから今朝はスタート

2017-10-19 06.59.05

おはぎが見守る中、ペダルを回し「手放し」「テーブルの物を取る」「後ろへ振り向く」、とことんバランス感覚を養う

 

トルクを掛けた走り方は実走で行う、と言うのも多様な場面があり坂や平地とバラエティ、そこで景色を観ながら汗する方が楽しい、今日の所は重心の置き方をボディへ擦り込む

2017-10-19 07.44.46

左:術前 右:術後

 

重心の刷り込みと言えば背骨の曲がりもそれをたがう、それは支持基底面の崩れを意味する

 

実は昨日肩甲骨の間が痛いと来院あり、詳細は痛みがあるので専門医で受診レントゲンで背骨が曲がっている、加齢から来るもので仕方ないと言われたとのお悩み

 

上記画像は75歳来院者さま、以前類似のお悩みである施術結果を記す、骨性の曲がりと筋性の変位ではある程度好転見込める、骨性=構造上で対する筋性は一過性=こりとみなす、つまり体型を元へ戻すのはむりである、しかしある程度の好転と痛みの軽減可能

2017-06-10 06.06.37

話は自転車の事へ戻るがこの画像も猫背のサイクリストさんは居ない、それは骨盤が後傾していないと言う証

 

実は猫背だと骨盤前後の動きや仙骨のうなづき運動が出来にくい、背部から腰痛へやがて増えてしまう事を付け加える

関連記事

コメントは利用できません。