ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

限界超えは脚長差も生む

2017.09.11

コメントは受け付けていません。

2017-09-11 06.08.26

すっかり空気も冷たくソラも若干うろこ雲が混じる、そんな9月中旬へ差し掛かろうとしている

 

今朝もいつもの様におはぎを連れて早朝サイク&散歩、一緒に楽しんだ

2017-09-11 06.07.33

正直「楽しんだ」と良く書くがおはぎは今までさっぱり、しかしこうして成長するごとに様々な楽しみを覚え記憶、最近では首輪を付ける時にはしっぽを振り喜びいさむ

 

出掛ける時だけ装着・・自宅では通常首輪はしていない、何故なら長時間は毛が毟れ肌がただれる事さえある、先代きなこの教えなのだ

2017-09-10 14.35.08-1

成長と言えば孫の方も順調で悪い事も良い事も憶えて帰る、もっとも悪い事と言えど大人に都合悪いだけなエゴかもしれない

 

ところで親目線のエゴな話をしたが実は身体についても少し言える、それは身体が限界を訴えているにもかかわらず、脳が更に使う様指示してしまう事

2017-09-07 06.07.03

先日右手腱鞘炎や全身疲労な来院者様の画像、脚長差の比較画像であるが左脚が短く見える

 

体幹の捻じれや他多重な原因で変位している、詳細は症例で報告するがここで言いたい事、無理を続けると言う事

 

工場でのやすりがけ作業をされている、今回はラインの行程で欠員が出た事、その応援で馴れない作業の連続原因、ご本人からの申告で分かってらっしゃると言う意味

2017-09-11 06.34.59-2

確かに仕事は止める訳にはいかない、私的にはそう言うアドバイスも含め行う事もある

 

身体が痛みとして悲鳴を上げている時、脳は行かないといけないとハッパを掛ける、そこを制御するだけで予後は異なる、ましてや少しだけのストレッチや適正な運動や専門家へ任せる選択肢もある

2017-09-11 06.36.46-4

そんなブログのネタを考えながらサイクリングする際気が付いた、そろそろおはぎのカゴも大きさ考えないと・・・

 

上下の振動を受けながらこの小さなカゴは負担だろう、ある意味おはぎの限界を超えて私のエゴが優先されている、思わず頭をかいてしまった

関連記事

コメントは利用できません。