ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

何もしてないけど肩や腰が痛い

2017.07.24

コメントは受け付けていません。

無題

とある来院者様の画像である

 

何をおっしゃったのかと言うとこの格好をすると肩へ痛みが来る、その訴えである・・・

 

1

それだけだと「?」かも知れない、実は肩関節周囲炎(五十肩)にて来院歴のあるお方で経過観察

 

 

五十肩と言えば若年層には関係ないと考える、実はバトミントン部の女子中学生も実際に痛みを抱える、彼女は右肩を上げる際に外れるような感覚と痛みを訴えた、いわゆるこれも肩関節の周囲組織を運動にて部分的酷使、これを行い傷を負った結果だと考える

2017-07-24 08.46.34

昨日の症例報告へも書いたが腕の筋肉、特に外側筋間中隔と言われる部分が緊張を高め、筋肉同士の滑走性が低下すると他の部位へも筋膜の繋がりは影響させる、具体的に言うと小円筋もそのひとつ

 

 

作用は肩の水平外転・外旋・内転、筋緊張を起こすとこの動作自体がやりにくくなったり、また反対の作用筋の邪魔をしたり弊害が起こる、症例ではないので概略しか書かない、しかしそれでもこれだけでも気に掛ける必要性あり年齢性別問わず起こりうる

2017-07-24 00.11.07

年齢性別やスポーツなどの運動でもケア不足やストレッチなどのウォームUP不足でも起こるトラブル

 

実は私の趣味でもある魚釣りでも体験したことがある、これは「腰痛」であるが静止と言う運動が深く係わる、ヒトは姿勢維持を行う際にも実は静止運動を行う

2017-07-24 09.03.18

例えば起立姿勢を維持しようと背筋群が緊張し上肢を立てる、するとその背筋が作用しすぎるのを防止するために腹筋群もブレーキをかけ続け、見た目には静止した状態を維持するのである

 

だから「立っているだけで疲れる」のはボディ奥底で遅筋と呼ばれる筋肉、一生懸命姿勢維持を行い続ける

2017-07-20 06.56.50

我が家のおはぎも早朝サイクの時籠の中でくつろぎ何もしていないように見える

 

しかし路面からの突き上げや自転車の傾斜にてバランス取り、これも立派に運動をしているのである・・何もしていないと言い切るには無理がある

関連記事

コメントは利用できません。