ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

首の痛みと肩甲骨

2017.06.21

コメントは受け付けていません。

RIMG3666

今朝は久しぶりの梅雨らしい朝からスタート、雨が降ればバイクはお休みで雨中散歩を楽しもうと決めて傘、一旦玄関を出たら止んでいた

 

一瞬バイクに乗り換えようかと考えるも、決めた事は覆さない主義なのでこのまま抱っこ紐でおはぎと一緒、今日も気持ちよい空気の中おはぎが社会化する為の学び時間である

RIMG3651

彼には視界に入るもの嗅覚へ触れるも全て新しい、空中へ真っ黒い鼻先を向け空気を「クンクン」吸い込んでいる

 

こんな姿を見ると少しでも吸収させてあげたい、わざと車の通りが激しく騒音もある場所へも行く、危険な場所はそうだと教えておかないとその時が来たら大怪我をする

RIMG3675

怪我と言えば・・捻挫とか交通事故などを思い浮かべてしまう、しかしながらスポーツをしていて「同じ動作の繰り返し」から来る痛み、ある意味怪我かもしれない

 

私自身以前自転車にてダンシングのトレーニングをした事がある、1時間程度延々ダンシングで高度520mの山を昇ると言うもの、この事で腕や首に痛みを覚える、と言う事で本日は首の痛みと肩甲骨について書いて見た

2017-06-20 17.41.11

首の骨と肩甲骨は繋がり更には腕が肩甲骨へ付く、この相関関係が問題を引き起こしやすい、詳しく書くと頸椎の1番から4番横突起と言う部分と肩甲骨内側上角へ付着

 

肩甲骨が腕の重みや背部筋緊張など何かしらの原因にて地面に引かれる外力、その影響にて頸椎も下へ引かれようとダメージする

2017-06-20 17.34.47

前面では赤矢印方向に小胸筋が凝り牽引する、良く言われる巻きこみ肩その際も頸椎への影響

 

ちなみに小胸筋は第3~5肋骨へも付着、肋骨を引き上げる役目もあり緊張すると肋骨を下制する呼気へも影響

2017-06-20 17.35.42

上腕二頭筋 烏口腕筋など肘を曲げ腋を閉める動作、まるでスマートホンなどを長時間連続使用や事務仕事、またはピアノなどを1日中弾く保育士さん、実際の来院者様の肩首などの不調原因であった

 

10代来院者様の肩こり来院はこのケースが多い、インドアにて連続的にゲームやSNSの多用を制限する様にアドバイスを行う、もちろん私達も同じ事が言える

RIMG3677

小胸筋など肩や首こりへ関係する筋、前記もしたが呼気へ関わるとなれば呼吸が浅く回数も増える傾向にある

 

そうなると睡眠の質も落ちて寝てもスッキリ起きれない、巻きこみ肩が良く言われるが首への影響以外にも関係する、もう思い悩むことはない・・先ずは身体を動かし元気になろう!自身へ決めるだけである

関連記事

コメントは利用できません。