ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

メカはパーツ交換ヒトはケアリング

2017.05.31

コメントは受け付けていません。

RIMG3913

先日からディレーラーハンガー止めネジ1/2が効かなくなる、兆候としては幾らほかのメンテナンスを行うも異音と変速が決まらない

 

微妙なところで割り出しが効かず「チチチ・・」と泣き声を出す、身体もメカも同じ良く動き負荷がある場所は関節の遊びが大きくなる、メカで言えばネジなど緩んで機能しない

RIMG3919

まさかと思いネジを増し締めすると若干締まる、この程度かと思いもう一穴を閉めようと・・・ネジがガバ穴になり空回り、これでは変速が決まらない筈

 

自転車屋さんにお願いして部品を入れてもらう事にした

RIMG3929

青四角囲みがディレーラーハンガーで赤丸部分の止めネジが完全に終了、バイクフレームと変速機を繋ぐ役目であるが機能していなくガタツキあり

 

昔の自転車等はフレーム一体型であったそうだ、実はこうして何かあった際にはこのハンガーが壊れほかの部品を守る、大切な消耗品である事がありがたい

2017-05-31 07.46.54

※1例にて他の要因もある

ヒトの身体であればブレーカーの様に痛めて保護する機能は無い、但し痛みをかばい右から左あるいは上下関係にて痛みが増加や移動な事はある

 

例をひとつ挙げると「五十肩」など良く分かりやすい、上図の透過した肩回りの青反転した筋肉、上から棘下筋小円筋>大円筋とあり腕を肩甲骨へ固定する不可欠な筋肉、その上へ覆うような三角筋後部・中部繊維が下層の筋肉を締め付け機能阻害

2017-05-31 08.03.27

そうなると肩の動きの際に皆様ご存じの痛みになると言う事、腕を肩甲骨へ固定する弱い筋肉は壊れて守るブレーカーどころか痛みの原因だ※1

 

機械とヒトの大きな違いは部品は取り替えることが出来ない、確かに外科的手術で大腿骨や膝関節の入れ替えもある、あくまでも最終手段でありその前に予防したい、さらに術後のリハビリへの本気さが快方への鍵

RIMG3926

私自身のここのところ芳しくない、だからこそ身体を慣らす為にも若干の運動

 

こうして部品交換の段階になるまで整える、自身で行うことは無限大にある!

関連記事

コメントは利用できません。