ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

股関節安定筋

2017.05.23

コメントは受け付けていません。

RIMG3502

今朝は尾道へ倉庫湯サイクリングスタート

 

ひんやりした空気は半袖サイクルジャージ上にウインドブレーカーを羽織らせる

RIMG3505

いつもの様に赤坂の峠は50-13T辺りで登る、他もトルク中心に追い込まずゆっくり走った

 

スピードメーターを排除してどのくらいになるだろう、最近は自身が何キロで走っているかなんて全く分からない、そうして楽しんで自転車に乗る事を追い求める

RIMG3512

健康の為に乗るのであるからこれで充分、但しヒルクライムになると負けず嫌いが出てしまう、何か軽いギヤだと自身の弱いメンタルの負けた気がする

 

これは私の考えが間違っていて本来は適正なギヤチョイス、そうでなければ機材も肉体も壊れる、でも肉体を改造しながら自身を使い検証するのはセラピストとして学びにもなる

RIMG3519

重いギヤを踏むと言えば・・そろそろ左の中臀筋や大臀筋が悲鳴を上げ出した

 

少し倦怠感と痛みに似た感覚、と言う事で本日は股関節の安定筋が弱くなる時の歩様変化について書く

 

 

2017-05-22 05.54.36

デュシェンヌ歩行:股関節外転筋力低下により骨盤が下がるのを防ぐ為に体幹を軸足側に傾ける。(代償作用)

 

股関節の痛みのある方や筋弱化に出る歩行時代償行為、ほかトレンデレンブルグ歩行と言い股関節外転筋力の低下、軸足側とは反対側の骨盤が下がる場合もある

2017-05-22 11.46.13

いずれにして中臀筋や大臀筋・大腰筋など股関節を安定させる筋、これらに依存している事から毎回筋弛緩を行い一時的好転がある、しかしながら弱い筋はまた無理をして凝り固まり数日経過持たず再発

 

根本的には1)体幹の回旋など本来の歩様機能を取り戻す、股関節の骨支持を高め脱筋依存の必要もあるかもしれない

 

2)骨盤後傾、・股関節内旋&外転位の姿勢で無理やり骨支持してないのか?、体幹の回旋などの動きを付けて左右に振らなくても歩ける様にする

2017-05-22 11.45.00

体幹回旋動作の制限する筋肉などを弛緩、更に肩甲骨(肩甲胸郭関節)の自由度を高めると良い

 

臼蓋と大腿骨頭の関係性を戻す為、骨盤の自由度と位置や向きを正す指標で施術を行う

RIMG3546

サイクリングでも「中臀筋」「大腰筋」などは特に気を付ける

 

余りペダルを踏みすぎず引き足を適度なパワーで誘導、もちろん重いギヤでダンシングする時も実は踏んではいない、股関節を安定させ体重を掛けているだけ

RIMG3558

しかし左臀部や股関節周りへ異常が出始めた、少し負荷を下げてかつ体幹のケアを行うサインだ

 

スポーツでも日常でも「痛み」は気を付ける為のシルシである

関連記事

コメントは利用できません。