ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

足元のブレ

2017.05.09

コメントは受け付けていません。

無題

今朝は福山市明王台展望台からスタート

 

今にも雨が降りそうな空を眺めながら安近短

2017-05-09 05.05.15_R

バタバタ出掛けた割には良くあるカメラは忘れ無し、しかしながら撮ろうと思い電源ボタンを長押し

 

うんともすんとも言わないカメラの背面蓋を開く、やってしまった!バッテリーを入れ忘れている

2017-05-09 05.15.59_R

と言う訳で本日の画像はiphone7でお届け、最近の携帯画像も進化してかなり画素数もUP

 

光源が足りない暗所では不自由する、しかしハンディ三脚の出現も画期的で固定して撮影、手ブレを起こしにくく比較的良い画像

2017-05-09 05.20.44_R

足元を固定するとブレない・・と言えば人体でもそうなのだ

 

良く脚長差などが左右差があると真っ直ぐ歩けず歩様もブレ乱れる、実は「骨盤のゆがみ」など良く言われるがこのリスクが発生

無題

上記の画像にある様に骨盤(寛骨)と股関節は関節包にて接続、ゾウの耳形状な寛骨が前上方や後下方に変位

 

すると関節包で接続された大腿骨頭は位置を変えざるを得ない、もちろん脚が短くなるのはこれだけの問題で無い事を付け加える

2017-05-09 05.54.01-1_R

骨盤のゆがみが原因での症状を色々聞く、しかしながら腰痛や肩こり足のトラブルなど、痛みに直結する部分が一番厄介だと考える

 

これは2足歩行を行う人類の宿命かも知れない、では私達が4足歩行だったらどうなのか?

無題

折角なので少し面白い話を書きたい、これは先日ある場所で教わった事である

 

足首=手首、前腕=下腿、上腕=大腿、骨盤=肩甲骨

2016-02-07 12.31.33-1

もしこうして私達も4足歩行ならば過負荷は4つに分散、2足歩行ならではの悩みは少ないかもしれない

 

実は今でもその名残があるかの如く筋膜の繋がりがあると言う、実際に当院でもその特異性を使い施術を行う事もある

2017-05-09 05.54.55_R

身体のトラブルは全体的引いて包括的に捉える事、それが代替分野での貢献できる事

 

例えば川の流れが悪いのは「水量なのか」「上流が寸断されたのか」「流れ込む先が満タンなのか」、そう言う風に決めつけないであらゆる角度視点を持つ事

2017-05-09 05.59.44 HDR_R

そう自己完結をしながらペダルを回す朝

 

帰路は一層雨の匂いがした

関連記事

コメントは利用できません。