ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

分かっていても挑戦

2017.05.04

コメントは受け付けていません。

2017-05-04 10.48.49

4日みどりの日、本日は愛媛県弓削にキャンプツーリングへ行く

昨日は中四国最高峰の山「石鎚山」へESRマグネシア完走挑戦ヒルクライム、仲間と楽しい時間を共有

RIMG2151_R

距離127.17km タイム7:46:34 平均速度16.35km/h 平均心拍119bpm 最大心拍166bpm 平均ケイデンス75rpm 最大ケイデンス150rpm カロリー2,668kcal

 

ストラバは機能しないので獲得標高は不明、かつ心拍計は6時間を超えた辺りから電池切れ、カロリーも曖昧な数値となるので一応書いたのみ

RIMG2261_R

本当の目的は例のサイクリストさん5カ月目に入る、彼の力量がどれだけ達成されたか?それも気に成る

 

結局最後だけ腰砕けになり完走は出来なかった、しかし考えて見れば凄い実績と言うにも獲得標高3,000mは登る、確かに後半はほぼ歩き、ただ自転車を押しながら10%近い勾配を1時間以上押して歩くだけでも並大抵ない

RIMG2159_R

良く僕たちは「貧脚」と言う言葉を使う、それは自身の生きている証を具象化したものだ

 

何故なら本気で自転車もみんなを笑わせる事も、全て一生懸命で器用では無くぶざまだけどやり続ける

RIMG2399

サングラスの淵にまで汗を一杯溜めこんでいる、僕には彼の汗がとても神々しく見えた

 

出来る人が当たり前に出来る・・・それは普通、出来ない事を分かっていても挑戦し続ける人が好き

RIMG2401

もう極限へ達した時、冗談も通じなくなる

 

更に足の裏が緊張して交感神経が高ぶる、すると習性的にその高ぶりは全身へ伝播し緊張、身体が一切動きたい意思を示さない、だから急遽その場で施術を少し・・

RIMG2460

石鎚山スカイラインはやはり高い山、ヒルクライム途中にこんな看板があったので思わずシャッターを切る

 

ミニベロでこの山をヒルクライムした無謀さがひしひしと脚へ来た、しかし仲間と走る楽しさはその辛さを跳ねのけた、結果的には正直脚が余ったのは自身でも驚く

RIMG2414

ESRマグネシアは妻の自転車、最近孫が出来たのでお守のせいもあり乗れない

 

その分動かず放置は錆ついたり動きが悪くなり故障の元、人間も機械もじっとして居たままでは構造上良くない、適度に動きメンテナンスが大切

2017-05-04 09.26.50

「ミニベロ6か月初心者です!」

 

「カジュアルサイクリストにはピースポーズが似合う」など笑わす為にわざとポロシャツ&7分パンツ

RIMG2167_R

こうして楽しくもあり・・・メンタル強化でもあり

 

身体を動かす事は自身にとっても、家族にとっても有益なのは言うまでも無い、同じGWの貴重な時間をどの様に使うのか、それはあなた次第なのだ!

関連記事

コメントは利用できません。