ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

不揃いを取り戻す

2017.04.19

コメントは受け付けていません。

RIMG1967_R

ぽっかりと空に浮かんだ月、見上げると綺麗に半分

 

首の調子が悪いとこんな綺麗な月さえ見逃してしまう、今朝も身体をトリートメントする為に朝活からスタート

RIMG1999_R

近所にある備後吉備津神社まで全身を伸ばし、まるで細胞ひとつひとつへ酸素を送り込む如く動かす

 

消費も筋トレでも無いトリートメント平均心拍88bpm 最大121bpm、汗ひとつかかないで関節や筋組織が伸びればそれで良い

RIMG2017_R

身体を伸ばすと言えばストレッチである、当然今日も行き先な神社境内で行う

 

実は誰しにもこの運動でさえ左右差がある、例えば右が向けなくて左が向けないなど

RIMG2016_R

そこで今日は身体を捻じる運動が良くなる方法を書く、もちろんそれが全てで無くある一部なのだ

 

良くTVの健康ネタでもそれさえすれば如く言う、誤解を受けるので私は文章で書かない様にしている、まことに受け手と伝え側の意思が正確に伝わるのも謎

 

 

 

|外腹斜筋と横隔膜

RIMG2023_R

こうして横隔膜がある部分を手で押し込み硬さを取る、振動を与え痛みが強くない様に行う

 

緊張確認にもなる、実に硬さや痛みまで左右差がある事が分かる

RIMG2022_R

次に骨盤に沿い指を入れて行く、これも痛みが激しくない程度

 

左右差が感じられる+程度の圧力で良い、その後身体や首の回旋動作を行い確認する

2017-04-19 07.03.28

ちなみに左:青反転が外腹斜筋 右:横隔膜

 

図示したら更にイメージング出来やすい、故に表記したので参考になればと思う

 

RIMG2012_R

実はこの硬さが腰痛や肩凝り、バイクやランなどの運動であればパフォーマンス低下を呼ぶ

 

動作とは基本的に順番がある、例えば起き上がりに際しても1番に首を床面から持ち上げる、もしこれが出来なかったら以降の胸や腰を起こしたり、体幹を反転させる事は不可能

RIMG1977_R

痛いけど筋出力が抜群、そんな状態は今まで見た事が無い

 

先ずは痛みを作らない為に身体の動く順番を整える必要がある、なので日常生活痛でもスポーツ障害でも隔たりは無い

関連記事

コメントは利用できません。