ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

やらなければならない事

2017.02.14

コメントは受け付けていません。

2017-02-14 05.39.56_R

 

GIANT TCRのステム角度とハンドルの角度を初心へ戻す

 

心の乱れは器具にも影響が出るのだろうか

 

2017-02-14 05.40.03-2_R

 

自身でも最近感じていたが・・少しいろんな面で自制が効かない、そんな事も感じていた基本に立ち返り今一度見直す

 

身体づくりもビジネスも・・人生そのものさえ同じ事、先日も近所交差点で出会い頭事故、しかもブレーキ痕の無い状態、このまま暴走を続けると私自身も怪我をする教え

 

2017-02-14 05.40.10_R

 

怪我をすると言えば今朝も雪が降っていた、大した量では無いのがミソであり雪から雨へと変わる可能性がある

 

ジョグでもサイクにせよ今日は気分が乗らない、自宅では孫が風邪を引いて接触もしている、用心に越した事は無いので屋内活動とした

 

2017-02-14 05.40.03_R

 

三本ローラーを40分程度回す、先日もしまなみ海道へサイクしたがこの効果は絶大だった

 

屋内で手放し運転が幾らでも出来るようになる、体幹が座り今まで腕でハンドルを押さえつけていた癖が抜けた、つまり白線の上を正確にトレース出来るようになる

 

2017-02-14 06.02.18_R

 

真っ直ぐ走る事は単純に目的到達までの距離が蛇行より少ない、無駄を出来るだけ排除して小パワーにて目的地到達、体力温存にもなり消耗も少なくなる

 

 

|本日のメニュー

 

1)10分アップ(3分後以降手放し)目標50~70rpm

 

2)20分手放し 目標90rpm継続 50-19-21T

 

3)5分手放し 50-11T 目標90-100rpm

 

4)5分ダンシング 50-11T 50rpm

 

5)追い込み120rpm 最高スピード

 

 

 

|負荷推移

 

2017-02-14 06.50.30_R

 

メニュー番号と照合した番号にての負荷分析

 

アップで次第に心拍上昇、20分間少しずつ90rpmへ近付けた

 

 

更にギヤを11Tへ移行すると一気に心拍が上昇ケイデンス&ギヤ負荷の影響

 

しかしながら重いギヤでもダンシングでケイデンスが50rpmまで落ちると心拍が150bpm以下

 

 

 

 

|速度グラフ

 

2017-02-14 06.50.26_R

 

重いギヤを速く回しただけ速度が出ると言う当たり前の結果

 

負荷練習では無いので速度は気にしていない、参考までに心拍との関連にて載せた

 

 

 

 

 

|バランス

 

2017-02-14 06.41.24_R

 

一番大切な目的はこれである、ケイデンスを50-100rpmの間でコケない様に乗れる

 

30分でも40分でも出来るようになるのが目的

 

2017-02-14 06.40.21_R

 

バランスが出来るようになると三本ローラーでもダンシングが可能

 

それすら私には今まで出来なかったので新鮮、今日は特にダンシングでバイクを左右に振らなくても進む事を感じた、左右に振ると進むどころかコケそうになる

 

2017-02-14 06.43.32_R

 

三本ローラーでのバランスを取る話を書いた、連携や強調・・・はたまた拮抗と言う動作を行い静止&動作は行われる

 

 

この写真はアナトミートレインと言う本、筋肉の走行機能をまるで線路と駅に例え連携を説明、筋肉と関節を単体動作にて考えず包括的に捉える、こちらの方も新しい知識を加えながらより来院者様へ還元したい

 

2017-02-14 06.42.41-2_R

 

今朝は一旦玄関へセットしたマウンテンも少し寂しそうだ

 

 

しかし総合的に痛手を負わないうちに原点へ帰る、襟を正して今朝も「やらなければならない事」を優先した

関連記事

コメントは利用できません。