ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

平衡感覚を養う

2017.02.09

コメントは受け付けていません。

2017-02-08 21.07.20_R

残念ながら今朝は雨、しかも昨晩の予報ではかなり気温の低下が見込まれた

 

何故なら雪と雨が入り混じる、もちろん無茶と目標達成は異なり目指すは早起きと運動、その事で健康を維持しブログや職制でお伝えする事

2017-02-09 05.59.38_R

今朝は三本ローラーからスタートを決める、先日も書いたが自転車の真ん中に着座しないと出来ない

 

更に体幹軸をしっかり残しながらブレないペダリングが要求される、雨が降ったから「乗れない」では無くピンチをチャンスに変える無二の好機

2017-02-09 05.59.53_R

相棒はGIANT TCRである、本日メニューは30分間ただひたすらハンドルから手を離す

 

上手くいかないとペダリングで前タイヤが左右に振れ出し自転車は蛇行する、上手くなると立て直す事すら出来るようだ

 

 

 

|現状把握

2017-02-09 06.31.08-3_R

 

手放しペダリングにて分かった事

 

1)ケイデンス70rpm辺りが気持ち良い

 

2)軽く流すには50-19T辺りが良い

 

3)馴れると重いギヤでも回せ、逆に軽いギヤだとケイデンスUPしてバランス出来ない

 

4)最高ケイデンスは100rpmが限界、それ以上はバランス崩す

 

 

 

|出来ない事を身に付けたい

2017-02-09 07.30.34_R

上記から

 

1)100rpm超えるとふらつく→ふらつかない様に体幹軸を作る

 

2)50-11Tでも手放しが出来るようになる(最低でも70rpmは回す必要性)

 

 

2017-02-09 07.30.30_R

|実は日常でも関係ある平衡感覚

 

人は直立の時背部筋とお腹側筋肉を釣り合い緊張、その状態で立っている

 

そのバランスしている状態から腰の辺りを軸に前転、コケない様に前に足を出す状態が歩行である

 

 

と言う事は加齢や運動不足でこの釣り合っている状態、バランスを崩すとどうなるのか?

 

分かりやすく言えば「老人」の様に手を後ろへ回したりがに股などで直立保持、もちろんそこからの一歩がままならない

 

写真 2012-12-16 11 08 55_R

新市ノルディックウオーキング体験回より

|若くても起こる

 

では若年者ならならないのか?実はそうではない

 

当院でも良く中学生や高校生の来院が多い、先日も受験面接の為に来院される

 

 

その理由が「右肩が下がる」と学校の先生から指導、お母様としては当日までに何とかしたい思いは察する

 

原因のひとつとして「スマホを随時触る」事で常に下を向いている、飲み会などで電車乗車した際も往路復路共にこの様な風景は珍しく無い

 

 

同じ動作の継続は部分的に筋肉も硬くなり痛める、また相反した筋肉は使わなくても良い状態が続くと弱る

 

なので筋肉の強化や出来にくい動作が生まれる、脳へ教え込まないと劣化するから繰り返し行う、これを練習と言い三本ローラーもたまには乗る理由だ

 

 

2017-02-09 06.17.02-2_R

さて少しそれたがこうして出来ない事を行う、自転車のスキル向上だけではない

 

体幹軸を鍛え日頃の生活に於いて肩凝り腰痛など、未然に防ぎ健康を維持して行くには良い趣味でもある

関連記事

コメントは利用できません。