ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

インターバルローラー

2017.01.20

コメントは受け付けていません。

2017-01-20 05.11.28_R

 

20日金曜日の朝、翌日の予定だと「さんわ182ステーション」へヒルクライムを楽しむ

 

しかしながら今朝起きて天気予報と雨雲レーダーを確認、日課のようになってしまったこの作業である、時にはこの一瞬が功を奏す

 

2017-01-20 05.19.34_R

 

上段雨雲レーダーと同時間に確認をした天気予想、この時期だと先ず外れるだろうと踏んだ・・・

 

更にマウンテンバイクに乗ろうと思うとパンク、出来ればサイクしたい想いはロードバイクと一瞬過ぎる、しかし出先で降雨以上の降雪は辛い、ジョグへとシフトして出掛けた瞬間

 

2017-01-20 06.21.52_R

 

見事なまでの大粒の雨が路面を叩きだす

 

普通なら合羽を纏い出掛ける所である、しかし度重なるトラブルに及び何かの前兆と感じて完全に断念

 

2017-01-20 06.22.30_R

 

・・・と、ふと足元へ眼を向けると三本ローラーがひっそりあった、「そう言う事か・・」思わず誰も居ない部屋で呟く

 

本日は30分ローラー1本勝負、どうせするなら目標を設定し「インターバル」にて心肺向上を目的にした

 

 

|三本ローラーが出来る事

 

1)バランス感覚を身につける

 

いつも外を走りながら出来る事が全く不自由になる、そこが顕著に出るから良い

 

自転車の真ん中に乗らないと片手さえ離せない、30分と決めたらその間は一切足を床につけないで補給水も摂る

 

 

 

2)ペダリングスキルの向上

1と関連するが効率良いペダリングをしないとふらつく、つまり効率よくペダリングが出来き精度がUPするとケイデンスもUP

 

 

 

 

 

|インターバルの有効性

2017-01-20 07.13.44_R

今回は30分間の間

1)10分間ウオームUP

 

2)5分90rpm

 

3)1分間休憩(50~60rpm程度は回し続け心拍をなるべく下げる)

 

4)5分間100rpm

 

5)1分間休憩(50~60rpm程度は回し続け心拍をなるべく下げる)

 

6)5分間100rpm

 

7)残り3分時間クールダウン(50~60rpm程度は回し続け心拍をなるべく下げる)

 

こうした際に心拍の上昇&下降状態をモニタリング

 

 

 

 

|時間経過と共に心拍が下がらない

2017-01-20 07.11.47_R

時間の経過ごとに一旦上がった心拍を戻すにも下降しない、当たり前の事だがこうしてグラフで観察すると良く分かる

 

 

ウォームUP経過後の1回目の5分から休憩一分間(160-120)

 

2回目の5分から休憩一分間(160-130)

 

3回目の5分からクールダウン三分間(160-140)

※単位bpm

 

 

更にスピードとの関係を見てみる

 

 

|スピードと心拍の関係

2017-01-20 07.11.27_R

 

スタートから見て最初の山がウオームUP、速度が上昇しているのにもかかわらず心拍グラフからは3km地点で一気に下降

 

これはウォームUPが完了した事を意味する、と言う事は110~130bpm程度の心拍で10分以内の運動をすれば良い

 

逆に一気に出力を上げると心臓へかなりの負担が掛る事も分かる

 

これが準備運動の効果である

 

2017-01-20 06.57.57_R

 

この調子で継続して行うと心肺機能向上が狙える

 

但し、どうしても外が好きな私は「トレーニング」は苦手だ、しかも楽しくないので正直しない・・今日はウォームUPの有効性、並びに心肺機能の強化について書く

 

2017-01-20 06.29.31_R

 

それ故なのでご理解頂きたい

 

少しでも参考になれば幸いである

関連記事

コメントは利用できません。