ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

安静心拍44bpm

2016.10.25

コメントは受け付けていません。

2016-10-25 06.08.58_R

今朝のさんわ姫谷の外気温計は6℃を指していた

 

麓の気温は10℃であったが晴れた日は4℃程度の差がある、ここさんわは高度が結構あり県北に近い三次より気温が低い事すらある

2016-10-25 05.16.55_R

日々冬支度をする景色も透明度を増した、寒いと嫌われがちな冬だが私は好きである

 

真っ白に積もった雪の中をスパイクタイヤで走るのも良し、しとしと降りしきる雨の中にカッパを着て飛び込むのも水しぶきが放物線を描き美しい写真が撮れる

2016-10-25 04.52.50_R

季節や気象の先入観だけで不満を漏らすより考えを一旦変える、準備や完全防備を整え真っ向から向き合う、その為なMERIDA TFS900 MTBが私のアイテム

 

すると案外この時しか観れない景観や現象が目の前に現れる、これも人生に置いてのチャンスと似ている、ここで掴み取るか気付かずに出会う事すら自ら遠ざけるか、行動自体は全く関係ないがその癖付けと精神は養われる

2016-10-25 05.50.56_R

距離48.3km タイム2:17:11 平均速度21.1km/h カロリー2,081kcal 平均心拍130bpm 最大心拍162bpm 平均ケイデンス71rpm 最大ケイデンス122bpm 燃焼インゾーン27:01 限界ゾーン00:00

 

今朝もリカバリー的心拍低強度ヒルクライム、そして実はあらぬ事に気が付く・・それが下画像

2016-10-25 04.58.55_R

何と安静心拍44bpmである、実は椅子に座り出撃前のコーヒーを飲んでいた時42bpm

 

通常2分間安静心拍数値は52bpmであった、変化したのか?今日だけの値なのか?今後継続的に経過を見たい

2016-10-25 05.50.29_R

これが本当なら嬉しいのである、低心拍でもパワーを生み出せるようになると持久力が付く

 

このR462から繰り出される連続した坂、ここもそこまでしんどくなくなるかもしれない、もちろん追い込めばそれだけのリスクは有る

2016-10-25 06.09.53_R

ただいまの所は体調を整えるべく低負荷&低心拍ヒルクライムの継続、これで持久力を付けたいと考えている

 

もうすぐ寒い冬を迎える事だろう・・

2016-10-25 06.10.33_R

これからが本当の本番、今までやって来た毎日が本当に寒さに負けずに貫けるのか?

 

自身に負けるか勝つかの正念場

2016-10-25 06.42.33_R

「絶対負けないぞ!」

 

さんわの山波から顔を出す太陽に誓う

関連記事

コメントは利用できません。