ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

乗車位置(姿勢)で疲れが違う、それはノルディックウオーキングや何でも共通の項目

20130815-044116.jpg左から2番目でしゃがんでいるのが私です(笑)こうしてお盆ライフを満喫させて頂いておりますがみなさまはいかがお過ごしでしょうか?

この写真は福山市の後山公園(グリーンライン)を走った際のひとこまです

やはり、何でも「本物」に触れる事は大切で、今回は広島・福山辺りでトップクラスの自転車乗りな人達と走る機会に出会えました

思いっきり走る際に放されましたが目前でレースが始まり抜きつ抜かれつを観戦出来ました

そんな皆様はアスリート体系ですが、足が思わぬ細い方もいらっしゃる、それが私には新鮮でした

通常、自転車乗りは足が太くなるイメージでした、しかし、後方からペタルを漕ぐ角度などを観察していると「内股・がに股」「真下・やや前方」に漕ぐ

サドルやハンドルによる姿勢やその選手による癖などを含めて使う筋肉が違うのだと感じました

その事にて、足の筋肉をバランス良く使うと綺麗にある程度の太さでパワーも出せる様になるのを実感

勿論、みなさん腹直筋や外腹斜・内腹斜筋の発達が凄くお腹の出た方はいらっしゃいませんでした事を付け加えます

20130815-050758.jpgそして乗車位置(ライディングポジション)も合ってない私、漕ぐのがしんどいので再調整しようと思いました

普通日常の動作でも、ノルディックウオーキングでも同じですが、やはりポジションは大事でそれが適性でないと疲労が溜まりやすいなどの確認にもなりました

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. みなさん速そうな方ばかりですね(´∀`)

    • 早いってもんじゃないです(笑)思いっきりちぎられましたので今度は見失わない程度になるのが目標です!健康と体重管理の為に始めた自転車ですがすでに目的が変化しつつあります(笑

コメントは利用できません。