ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

頭を左右に振らない

2016.08.24

コメントは受け付けていません。

2016-08-24 05.33.27-1_R

ESRマグネシアに乗るのも今日がひと段落になるかもしれない、本来妻の自転車なので返さないといけない

 

この硬さと踏んだだけ前に進む感覚、更には登坂に於いて乗り出しが軽い、数日間のいつもと違う事を楽しんだ

2016-08-24 06.00.19_R

メンテナンス依頼していたMERIDA TFS900 MTB修理完了、昨日自転車屋さんからの一報

 

院の下駄箱にSPDシューズしか無い理由、ミニベロの一択しか乗れない諸事情は解消、明日からまたマウンテンに乗る

2016-08-24 06.14.51_R

先日も書いたが「松野四万十マウンテンバイクレース」にエントリー、もうすぐの10月2日が迫っているから重量ありライディングポジションもロードと異なる、そのフラットバーハンドルにも馴れておきたい

 

どうせ毎日早朝サイクを行うのである、乗るものはマウンテンに局在した方が良いだろう

2016-08-24 06.15.54_R

距離19.1km タイム0:55:47 平均速度20.6km/h カロリー651kcal 獲得標高504m 最大高度292m 平均心拍130bpm 最大心拍162bpm 平均ケイデンス73rpm 最大ケイデンス117rpm 燃焼インゾーン9:28 限界ゾーン0:00

 

今日は府中方面を目指す、首なし地蔵から七つ池途中にある「青目寺(しょうもくじ)」までのサイク、帰路は金丸線を通り帰院した

2016-08-24 06.18.47_R

そう・・どうせなら先日天命を全うしたきなこの供養、祈りを捧げに訪れる隠れ意味もあった

 

さてコースはこの様な平坦と坂を繰り返す、その中で気持ち良いギヤチョイス90rpmを目指し回す

2016-08-24 06.20.44_R

ギヤチョイスと言えば昨日youtubeを見ていたらコンタドールのギヤチョイスを知る

 

スプリントは53T-18/19、温存は39Tー25/26とか・・当然真似出来ない、しかしながらプロでも温存はインナーを使うんだなぁと知る、そしてダンシングの得意な選手なのでこのギヤで坂を駆け上るのかと想像

2016-08-24 06.42.00_R

ただその連動した動きの中で柔軟性に目が行く、ダンシングと言うが・・本当にまるで自転車の上で踊っているかの様に柔らかい

 

そこを今日は真似をすべく意識しながらハンドルに手を置いた

2016-08-24 06.49.55_R

以前にも乗りながら自身の影が路面に投影された姿、それを見て肩が首方向へ上がりすくめているのが分かった

 

この様な状態ではとてもダンシングはもちろん、シッティンングでも腕を固定してしまい肩甲骨も動かない

2016-08-24 06.32.47_R

下肢との連動性が少ない運動では心拍もUP、無駄な動きは股関節を通じて大腿から足へ伝達され踏み込む

 

現在目指すは「くねくね」しながら体軸をブレさせない、頭を左右に振らない乗り方である

関連記事

コメントは利用できません。