ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

力を抜く利点

2016.08.23

コメントは受け付けていません。

2016-08-23 05.29.57_R

距離39.5km タイム1:54:04 平均速度20.6km/h カロリー1,111kcal 平均心拍117bpm 最大心拍152bpm 平均ケイデンス66rpm 最大ケイデンス132rpm 燃焼インゾーン37:53 限界ゾーン0:00

 

今日もダイエットサイクリングを完了した、やはりゆっくり友人とお喋りをしながらの広瀬ヒルクライム、これくらいの負荷が燃焼には程良い

2016-08-23 05.42.44_R

昨晩も就寝が遅く24:00くらいになる、なので4:30起きの5:30スタートとした

 

今朝の5:30はまだ薄暗い感じも残しつつの状態、昨日関東の台風一過にて今朝の広島県福山市、まるで秋を連れて来られた天気になる

2016-08-23 05.43.58-2_R

外は薄暗い!自動で消灯する筈の街頭もまだ煌々と明かりをともす、しかしバックの青空に溶け込むほど白く同化しない夜明け

 

日照していないにもあいまって少し肌寒い、なので結構なケイデンスで回して走った

2016-08-23 06.00.51-2_R

回すと言えば本日もフロント50TのESRマグネシア、とてもギヤが軽く坂も漕ぎだしだけ軽い機種

 

ケイデンスが尚更UPするのも無理無い、だから敢えて重いギヤを選択するように心がけた

2016-08-23 06.09.29-2_R

そして相方さんはマウンテンバイクにてのヒルクライム、流石のパワーあるタイプなのでグイグイペダル回し進む

 

私は自ずと軽いギヤで高ケイデンスだとついて行くのが辛くなる、したがっていつもより2枚重くして体幹でペダルを回す、巷で言う骨盤ペダルの様な方法だろうか・・

2016-08-23 06.16.57-2_R

このペダリング方法は体幹の柔軟性が問われる気がする、と言うのも骨盤を後傾や或いは前傾過剰にすると関節が締まる、つまり動きが悪くなるので金魚が泳ぐ様なペダリングが出来ない

 

こうして股関節以降と体幹を連動して使う場合、関節が締りの位置・・つまり緊張や力の入れ過ぎはNG、結局力が入ると脚で踏み込むペダルになる

2016-08-23 06.29.03-2_R

往々にして少しでも速く走ろうと力みすぎると上記になる、なので今日の様に少しゆとりを持ち走るのも全身の緊張を解きリラックス、能力向上と共に習得しやすい環境なのだ

 

時としてその緊張は痛みにも転じる事がある、そこが私は職性としても気になる所

2016-08-23 07.05.49_R

さぁ!今日も始まった

 

良いスタートを切った朝は気持ちが良い、この調子で本日も本気で生きる

関連記事

コメントは利用できません。