ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

中学生

2016.08.17

コメントは受け付けていません。

RIMG5389_R

幾ら惜しんでも夏も必ず終焉が来る

 

その季節の無常を「終わり」と捉えるか、素直に受け入れ秋の訪れを感じるか、それだけで視点が変わり目標の置き処が変化

RIMG5419_R

距離39.2km タイム1:32:02 平均速度25.6km/h カロリー1,704kcal 獲得標高773m 最大高度385m 平均心拍141bpm 最大心拍166bpm 平均ケイデンス79rpm 最大ケイデンス151rpm 燃焼インゾーン14:46 限界ゾーン01:38

 

本日は広瀬山頂を目指した、フィットネスレベルの登坂&平地走行は結構キツイ、感覚的には平地35km/hを常にキープした時にこの平均速度の値が出るからだ

RIMG5421_R

もちろん信号待ちで止まるとその分平均速度が若干下がる、アプリに自動停止機能があるがあてにならない、それ以前に数値は数値で余り気にはしないが指標になるので必ず見る

 

さて広瀬と言えば最近夏休みの中学生が山頂の中学校へ通う、クラブ活動の朝練に向かう彼らは重い荷物を背中に背負う姿

RIMG5470_R

こんな姿で毎日広瀬山頂を目指している、なおかつ平日も重い勉強道具やクラブ道具をこうして身に纏う

 

通学自転車で毎日3年間通うのだから大したものだ、私達がたまに「ヒルクライム」と称して登る・・それとは性根が違うから頭が上がらない

RIMG5469_R

嫌だろうが好きだろうが雪だろうが・・雨だろうが、必ず登校しなければならないのである

 

そこには「やると決める!」こういう”決意”があるに違いない、そして自身の置かれる現状を受け入れる素直さがある

RIMG5455_R

実は良く彼らと会うのでもう友達になってしまった、「おはよう!」と声をかけると真っ黒く焼けた汗だくの顔からこぼれる白い歯

 

「これだ!この素直さ!」私達に失われた何かを彼は持っている、この出会いもそれを気付くチャンスなのだ偶然では無く必然

RIMG5424_R

そう考えながら一生懸命坂道を登る

 

ふと足元を見るとポタポタ落ちる汗の向こう側、秋がちょこんと顔を覗かせていた・・・夏には夏の秋には秋の良さがある、一瞬な特徴を活かし後悔のなきよう本気で生きる

RIMG5477_R

その為にもこうして元気で居る為の努力、出来ない理由を並べないで素直に行う

関連記事

コメントは利用できません。