ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

登りと平地を分ける

2016.07.11

コメントは受け付けていません。

2016-07-11 06.48.06_R

11日(月)今朝は広瀬山頂からスタートを切る

 

昨日は久しぶりに休脚日を兼ねて自転車へのらない日を作った、と言うのも土曜の夜から魚釣りへ行った

2016-07-10 04.43.57-2_R

行先は大三島での釣行で結果から言うとようやく釣れた、と言うのも前回数ヶ月前に行った際には一匹も釣れない「坊主」

 

やはりポイントを知らないと魚も釣れない、自転車も釣りも「相手を知る」事は大切で簡単には行かないと悟る

2016-07-10 05.58.58_R

釣りブログでは無いので詳細は報告しないが朝活の形を変えた、継続するにはたまに楽しい事を挟むと良い・・そのくらいの報告にしておく

 

さてタイトルは「登りと平地を分ける」であるがズバリ「ペダリング」である

無題

上図は平地と坂とのペダリングの変化を示す、左平地の重心はペダリングの下死点を示す、比べて右登坂は重心が平地とは異なる

 

と言う事は登りではもう少し感覚的な下死点(時計で30分)にまで踏み込んで良いのではないだろうか?

2016-07-11 06.51.53_R

そう考えて今日は坂を登る

 

距離41.9km タイム1:36:18 平均速度25.9km/h カロリー1,185kcal 獲得標高846m 最大高度385m 平均心拍136bpm 最大心拍170bpm 平均ケイデンス79rpm 最大ケイデンス148rpm 心拍燃焼新ゾーン15:36 限界ゾーン4:58

2016-07-11 06.49.37_R

データー的には大した変化は見れない、しかしながら登坂に入り平均時速が14km/hを割と楽に保てた

 

更に登坂コースには最大10%超えもあるがそこも似たようなスピードで登れた、これだけ少し踏み込みのポイントを変えただけで変化するのか驚いた、だから昔むちゃくちゃに踏んでいた頃の方が坂が簡単だった事も頷ける

2016-07-11 07.07.08_R

そんな収穫を楽しんだ訳である、だからこうして朝のサイクは止めれないのである

 

そう言えば・・収穫と言えば冒頭の魚釣りの件である、実は昨日妻の誕生日・・そして数日後には娘の誕生日

2016-07-10 19.13.24_R

と言う事もあり昨晩は私が腕を振るった

 

こうして収穫のある行動を起こすのはとても周りも笑顔に出来る、その笑顔で今日も一生懸命頑張れるのである

関連記事

コメントは利用できません。