ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

腰痛走法

2016.04.26

コメントは受け付けていません。

2016-04-26 05.10.41_R

AM4:50院を出た

 

今日はどうしても試したい事がある、さんわ182ステーションへ早朝サイクリングにてスタートとなる

2016-04-26 05.26.21-2_R

今朝も日中天気が良い予報での放射冷却現象、野池の湖面から大量の白い靄(もや)を履き出す

 

その水蒸気はやがて天高く舞い上がり週末に向けての降雨、そんな準備にさえ見えるくらいの沢山

2016-04-26 05.53.04-1_R

先程「試したい事がある」と書いた、それはいつも悩んでいたシートから体重が抜ける事

 

自転車の重心配分は「ハンドル・サドル・ペダル」の三点支持、私の場合はペダルとハンドルについ掛ける癖がある、前に進むが疲労感が早く直ぐに脚が終わってしまう

2016-04-26 06.12.15_R

悪い癖を何とかして直したい、気持ち高まる中・・朗報があり「お腹を出して乗る」方法を知る

 

今まで股関節を曲げる際にお腹に当たる感じがある、その時にペダリングへの影響があるのではないのか?と言う記事からお腹へこまし法で乗る

2016-04-26 06.23.16_R

すると力んでお尻がサドルから浮きペダルへ加重ロングだと持たない、お腹を出して乗る事で緊張を解き背部への負担が減少、腰痛が起きにくい事が分かる

 

楽に構える・・股関節の動きに際して大腰筋が働く、更に体幹と骨盤をつなぐ腹斜筋群が活躍、背部の起立筋や腰方形筋・多裂筋などに無理起きにくいと仮定

2016-04-26 06.23.34_R

実験の結果である、確かに腰痛は12kmの登坂の中では皆無、普段なら数か所で腰を伸ばす動作をつい痛さの余りしてしまう

 

距離59.1km タイム2:28:11 平均速度24km/h カロリー1,756kcal 獲得標高1,105m 最大高度527m 平均心拍139bpm 最大心拍165bpm 平均ケイデンス73rpm 最大ケイデンス135rpm 山間部の連続登坂の割には平均ケイデンスが満足

2016-04-26 06.27.17-1_R

本日テストしたお腹だし走法の数字的変化はまだ見通しが立たない、しかし腰痛が少ない事からも有効である

 

今後は更にこの方法を定着させる為に継続して行きたい

2016-04-26 08.36.29_R

関連記事

コメントは利用できません。