ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

ライトをつけて走る

2016.01.05

コメントは受け付けていません。

写真 2016-01-05 5 15 33

AM5:00早朝とは言え真っ暗闇の中を走るのはとても怖いものである

 

昨年末一度転倒して怪我をした、原因は足元が見えず段差を踏み外すと言うもの

写真 2016-01-05 5 21 18

これも中途半端に車のライトや街灯など、明るいので今まで油断していた自分が良くない

 

その反省点を踏まえ今年からはライト点灯、その為に考えたのがこの方法

写真 2016-01-05 4 50 26

ダイソー100円商品であるがこれが割と便利、先ずは自転車のヘルメットの後方点滅用に使用

 

明るさもさることながら値段と軽さやボタン電池入れ替え可能、そんなコスパに惹かれて購入

写真 2016-01-05 4 49 50

その時にもっと利用できないものか?そう考えたのが今回のこれである

 

その使用感を兼ねての早朝ジョグ

写真 2016-01-05 5 22 55

結果から言うと「無いよりマシ・・でも100円だから」である

 

これは装着時の真下の足元に目線を置いた際、足元のすぐ下はこんなに明るいが照明半径は1m程度だろうか?

写真 2016-01-05 5 21 40

そして通常のランニングポジションに顔を向けるとこうして薄暗い程度、やはりそこはこんなものである

 

そしてその装着感であるがやはり若干額に当たる、そしてやや光が目に入るので気になると言えばそうだ

写真 2016-01-05 5 19 15

しかし前記した様にコスト面で最高に安い故の利便性は嬉しい、そして急な有事の際顔を向けた方に必ず灯りが行く安心感もある

 

そしてこの画像にもあるがツバなしの防止を被った場合、装着場所を選ぶタイプだと付けれない、つまり本当に良いものは釣り用にある小型軽量のツバへ取り付けタイプ、トレランや真っ暗い場所では本気ライトを買い求めた方が良い

写真 2016-01-05 5 44 14

私の場合は真っ暗い山道とか走る訳ではない、なのでそこそこ明るく携帯性の良いコスパ高いライトで十分

 

実は昔釣りをしていたのでコンパクト&帽子のツバにクリップで止めるタイプを所持、これもいつかは試してみたい

写真 2016-01-05 5 49 48

それにしても夜のガソリンスタンドはアトラクションの色彩に負けない、ライトアップしてある絵はつい写真を撮りたくなる、夜景でもシャツタースピードを1/500秒まで上げないと光が入りすぎ画面が白とびするくらい明るい

 

AM5:00の街は24Hスーパーのショッピングモール、道すがらの街灯の灯りさえそんな場所に変身する時間

写真 2016-01-05 5 52 16

そんな眠りから覚める街並みを観ながらのジョグは最高である

 

さぁ気分も身体も引き締めて今日も本気で行く

関連記事

コメントは利用できません。