ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

やるべき時に行う

2015.10.09

コメントは受け付けていません。

RIMG0909_R

本日は久しぶりの睡眠補給と身体を休める日とした、最近連日の業務と朝活でさすがに身体が悲鳴を上げそうになっていた

 

この仕事をしながら自己管理が出来なければ本末転倒なのである、ましてや私自身が痛みを起こしてはならない

RIMG0361_R

元気そうに見える私でも実の所52歳にもなればあちらこちらに痛みも来る、関節系で言えば膝の痛みでランナーズニー(腸脛靭帯炎)や鵞足炎もある、そして無茶をすれば右の足首の痛みも出る事がある

 

それらはほぼランニングや自転車のやりすぎもしくは方法が間違っていた事も含めての過負荷、その方法や量運動量も是正する為にもこんな休養は大変有意義であるのは言うまでも無い

RIMG0832_R

関節の痛みと言えば来院者様とのお付き合いで生業にしているから良く伺う、実は昨日もこんな事があった、そう3年前来院されたお方からのSOSだ、以前の腰椎椎間板ヘルニアの痛みが再発したとの事である、その中でひとつ気になる事があったのでご紹介する

 

実は3年前に来院された際には相当お辛そうで体幹が「痛みの回避行為」を取って歪んでいた、その修正を行った際に好転その後1年間は痛みが無かったそうだ・・・

無題
やわらぎ整体堂ブログ:症例集:6年越しの腰痛の経過

当院でも症状緩和の際が継続的に楽になれるチャンスと考え腰椎の前腕過剰にて神経の通り道が狭くなる予防策、その為の手段として筋力テストを行った際に弱化していた腹筋強化を勧めた

 

その後、勿体ない事に何もされていなかったようだ・・さらに悔やまれるのが1年間も痛み無く猶予があった事である

R0021181_R

もう1件類似した症例である、そのお方も腰椎椎間板ヘルニアを専門医から言い渡されていた、そのサポートとして考えられ当院への来院を頂きある程度のレベルまで痛みが好転、しかしながらご自宅の庭木切るなどの手仕事で激痛が再発してオペに至る

 

どちらの症例も「痛みを出さない」事を考えていない気もする、いざ痛みがあればお医者様や誰かが何とかしてくれるではなくこうして休養や運動強化で自己管理を行う、それをどうやってお伝えするかが私がやらなければならない課題であり信頼関係に繋がる

関連記事

コメントは利用できません。