ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

大きなリスクは結果の差が天と地

2015.09.11

コメントは受け付けていません。

RIMG2124_R

11日(金)全身筋肉痛の朝を迎えた、やはり予想通りの展開である驚きはしないが弱くなった自分を再確認出来た

 

最近ジョグはまるっきりしていないと書いたが・・・やはりそのツケはこうしてある、これからはジョグと自転車やノルディックウオーキングの割合を変えて朝の活動へ組み入れよう

RIMG2127_R

と言うことで今朝はMERIDA TFS900 MTBにて出掛けた、河川敷の平坦地をゆっくりと心拍も上げずに景色を楽しんだが先ほど書いた筋肉痛はさほど気にならないのが幸い

 

歩くのは相当痛いが自転車のペダリングに堪えない、それはジョグとは筋肉や関節包への過負荷が若干異なるのだろう

RIMG2133_R

そして今朝は特に寒い、半袖のサイクルジャージの下には秋用の長袖アンダーシャツを加える

 

いつもなら「どうしよう?アームカバーにしようかな?」と悩むところ、しかし今朝の気温の急激な低下で迷いなく選択した、先日日本を通過した台風18号がまるで秋を連れて来たような感じさえ伺える

RIMG2138_R

さて本来ならさんわ182ステーションや広瀬に登りたいところであるが筋肉痛のほかにも止めた理由がある、実は2日前だろうか?その付近へのツキノワグマ出没情報が耳に入る

 

webを使い神石郡三和町役場HPを調べても直近の情報は無い、しかし地元では有線放送などで流れていると言うのでひとりで登るのは勇気が無いこれもリスク管理である

RIMG2152_R

リスク管理と言えば昨晩たまたまいつも見ないTVを観ていたらビジネスに於いてのその意味説明していた

 

リスク管理とは危険回避の意味だとばかり思っていたがしかしそうではないらしい、例えばさんわに上がると熊が出るもしくは出ないかもしれないと言う差がそもそもその真意らしい、例えば地元にある赤坂峠ならイノシシは出るが熊は出る確率がほぼ無い・・目撃も無い、そうなると結果に対しての差が無いからリスクが少ないと判断するそうだ

RIMG2162_R

大儲けをするかもしれないが・・大損もする前記からするとこれは大変リスキーである、だから本日は安全を取って河川敷から地元の赤坂峠を廻ってある程度のヒルクライムのみで帰る

 

ところで筋肉痛と言えば痛いものだが・・案外ヒルクライムでも痛くない、それよりいつも登坂の際に腰が痛い(腰方形筋)のであるが本日はそれが全く感じなかった

RIMG2170_R

驚きである!まだ回数を重ねて検証をしなければならないがランで腹筋群が少し鍛えられた感がある、確かにお腹までが筋肉痛なのだから案外納得もできる

 

そんな気付きさえも今日はあって秋にふさわしい収穫の朝だった

RIMG2175_R

収穫と言えばたわわに実りつつある大きな栗、秋の味覚の代表でもある!

 

気が付けば本当に1年も早いものである、そろそろ私自身も今年の実りを収穫せねばならない・・うかうかしていられない!

関連記事

コメントは利用できません。