ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

マウンテン赤坂!

2015.08.18

コメントは受け付けていません。

RIMG1330_R

18日(火)昨日のゲリラ豪雨のせいなのか?初秋の訪れさえ感じるくらい涼しくて気持ち良い朝を迎える

 

そんな中MERIDA TFS900 MTBで赤坂峠を駆け抜けた

RIMG1300_R

涼風そよぐ朝ではあるがすっきりと快晴とまでは行かない、やはり上空には雨雲も点在していて北側を望めば朝焼け、しかし南側の天を仰げば今にも振りそうなガスが山に掛っている

 

実はそんな理由もありロードバイクでは無くマウンテンバイクの選択

RIMG1296_R

さて一昨日からの疲労が今朝は未だに残っている、大腿部の疲労感を抜く感じで軽く走る、ただ・・スピードは出さなくても峠でアウターTOP縛りは行う

 

これは心拍があまり上がらないが大腿部への負荷はかなり、筋肉痛の減少具合と相談しながら少しずつ力を入れてペダルを聞き回しした

RIMG1302_R

聞き回しと言えば赤坂峠には頂上に近づくと勾配もきつくなると言う特性がある、そこをアウターTOPで上がる訳で・・・

 

勾配が割と優しい時にはダンシングをしていたら上死点が出来てしまう、実はペダルが一瞬空転して「カクン」と音を立ててしまう、つまり脚の動きがペダルに追いついていないかペダルの軌道上にて引き脚トルクがどこかで抜けている

RIMG1318_R

そうなるとサドルに座ってケイデンスをUPすると事なきを得る、シッティングとダンシングをもう少し上手に使い疲れない巡行を目指すにはここをうまくバランスを取りたい

 

ダンシングと言えば更にもうひとつ、どうしても自転車を横に振るイメージが強かったが実はそうでもない、どこか誰かのblogで拝見させて頂いた時「自転車を縦に引く」と記載あり、その意味が今日はようやく理解できたダンシングでもあった

RIMG1332_R

もうすぐ夏も終わりを告げるだろう・・

 

この短い夏でどれだけ自身への糧を蓄積して実りの秋に繋げれるのか?残りの夏も全力疾走なのだ

関連記事

コメントは利用できません。