ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

今月の成果と来月の目標

2015.07.31

コメントは受け付けていません。

RIMG0710_R

31日(金)いよいよ月末の到来である、今月も順調に仕事もプライベートも進んだ、そして本日はその結果の確認と感謝を伝えに広瀬の山へ向かう

 

どうやら台風13号の発生をウエザーニュースが伝えるも全く不安が無い今朝の晴天、澄み渡るまではいかない夏独特かもしれない湿気を多量に含んだ空気が山をかすめる

RIMG0721_R

そんな天気ではあるもののにわか雨の心配が皆無、ならばせっかくなので久しぶりにVENGEで山頂を目指した、前記したがやはり今月の総決算の日でもあるから6枚残しで全ての道を走破する

 

実は最近気が付いたのであるがVENGEのフロントスプロケットは52T/36Tだった、今までTCRと同じ50Tと思いきやカタログデーターでそれは発覚

RIMG0727_R

どうりでTCRと同じギヤ構成でヒルクライムしても重たく感じる筈、いや・・・重いのだが知らないと言うものは案外適応してしまう事も知る

 

笑える事だがそれだけ人間自分自身を洗脳して騙す事が可能、それが実証された様なものだった、いかんせ珍事はTCRを50T→53Tに変えようかと思いカタログをめくった事から始まる

RIMG0747_R

いつもTCRで脚を作り仕上げの確認としてVENGEに乗る、その際にいつも「さすがVENGEこちらのほうが速い」と思っていたのはそんな52Tのおかげかも知れない

 

そうなるともう少し様子をみて53T をTCRに導入するのを検討したい、そしてその重いギヤで今度は更に脚を作って行きたい、当面の間はお金を使わずに最終的には50T×11Tでヒルクライムが出来るようになるまでお預けとしよう

RIMG0751_R

自転車についてはそんな結論が出た、そして来月の目標もさらに重いギヤで膝を壊さない程度に使う、更にもうひとつは下ハンドルを持つことに徹底する

 

その事で体幹を使いインナーマッスルの強化、下ハンドルを持った時に体重をどうしてもハンドルに乗せてしまう癖を取り除く事を目標とする

RIMG0773_R

帰路の際、四川ダムの橋の上で少し休んだ

 

ふと目線を落とすとそこには澄んだ綺麗な沢がダムに流れ込んで・・・

RIMG0777_R

高所恐怖症の私はいつも怖いから下を覗きこまない、でもこうして見ると案外そうでもなくなるから不思議である

 

思い起こせば昨年の春先からほぼ毎日こんな早朝ヒルクライムを繰り返して来た、最初ダムまで登り更なる広瀬山頂を望んだ時「登れるもんか!」と自身に制限を掛けていた

RIMG0749

今はその制限を取り除きこんなポーズまで取るようになる

 

ばかばかしく見えるかもしれないが実は意味がある、自身の殻を破れないと人前でこんな格好は恥ずかしくてできない、でももし・・絶体絶命の時に自身の殻を破れなかったらどうだろうか?

RIMG0772_R

それはプライベートでも仕事でも時折顔をのぞかせる試練というものなのだ

 

殻から這い出さないと夏を見送った蝉のようになる、また年老いながら寿命を削り長く退屈な眠りにつかなくてはならないのだ

関連記事

コメントは利用できません。