ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

バイクを変えるとその良さが分かる

2015.07.14

コメントは受け付けていません。

RIMG0909

14日(火)個人的な事だが本日は娘の誕生日だ、彼女もこうして一歩一歩確実に大人の階段を登っている

 

それと同時に私も人生の完成形へと近づいているのをひしひしと感じた

RIMG0898

AM4:50新市町の空は今にも雨がポツリと降りそうな重苦しさ、それもその筈天気予報ではさんわステーション182辺りは5時から7時頃まで降雨予報

 

福山市市内はと言うと・・・かろうじて何とか持つ、更に傾向を見ると府中市やそれ以外の山側での降雨確率が高くなっていた

RIMG0925

南側を目指せ!そんな言葉が脳裏をよぎる、いつもならマウンテンかTCRなのでそこまで気を使わない

 

しかし本日はVENGEなので濡らしたくない、意固地にそれにこだわる必要もないのだが実はサイクルジャージがスペシャライズド、なので少し拘ると言うたわいもない理由・・・

RIMG0916

もう一つの理由に実は降雨もしょぼ雨なら良いがゲリラ豪雨の様な予感、南岸から台風11号もせまって来ているので早くから雨雲は予測できない事もある

 

いつ降っても帰れるように赤坂峠を選びヒルクライム、案の定のこと往路峠を越え折り返し点付近は路面がウエット、相当量短時間で降った事を物語る

RIMG0917

さて今日もアウター×5枚残しで峠もフラットな路面も走り抜ける、そしていつもTCRばかりなのでディープリムの空力効果を知りたくて少し回した

 

やはり35km/hを越えた辺りから「ふわっ」とペダルが軽くなる、やがて40km/hまで軽く連れて行ってくれるから流石VENGEだ、道が当面フラットならある程度この速度維持にて巡航できる感覚さえ覚えた

RIMG0949

いつもの様に5枚残しで走るとフラットではケイデンス90くらいで走らないとスピードに乗らない、はたまた登り坂では重くてなかなか前に進まないジレンマ、そんな落差もあるがどちらも練習になるので「ギヤ固定」はとても楽しい

 

特に重いギヤだとダンシングをしないととても10%超えの斜度は制覇出来ない、もうペダルが止まる寸前に歯を食いしばるのはしょっちゅうなのだ

RIMG0933

ダンシングと言えば最近肩の筋肉痛も出て来た、それが良い事かどうなのかはわからないが腕の力を使っている事は確か、特に上腕三頭筋の筋がけだるく更に掌に水疱が出来たから押す動作をしているのだろう

 

今まではペダルに全体重を乗せて下に踏み降ろす事ばかり考えていた、それは確実に減っているのでこのままダンシングでも回転系のペダリングになってくれればうれしい

RIMG0943

帰路の途中降りそうな空を見上げると雲の合間から太陽の恵みが差していた、この台風11号が通過するといよいよ梅雨明けかも知れない

 

そう予期するような神秘的な雰囲気で何だか思わずシャッターを切った

RIMG0951

梅雨明けと言えば「スサノオ神社」で行われる祇園例大祭がある、地元では「祇園さん」と呼ばれ親しまれている

 

このお祭りが終わるといよいよ梅雨明けだと地元のお年寄りは言う

RIMG0953

7月中盤戦も到来して娘もひとつ年輪を重ねた

 

2015年もあっという間に過ぎ行こうとしている、私も一瞬一秒を大切にして生きて行きたい・・・提灯越しに梅雨明け前の空を見上げたのである

関連記事

コメントは利用できません。