ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

顎を上げるとお腹に力が入りにくい

2015.02.07

コメントは受け付けていません。

RIMG5184

7日(土)今朝も少し冷え込み加減の朝を迎えた

 

しかしながらやはり月の周りには水蒸気が纏わりついている、果たして数日後には降雨があるのだろうか?

2015-02-07 06.46.44

今朝の外気温は氷点下2.5℃である、どおりでで冷え込んだと感じた理由が頷けた

 

さて本日は栄養睡眠でAM6:00くらいまでぐっすり寝た、実はここの所睡眠の質が落ちて来たのでそうしたのだ

RIMG5187

何がどう落ちたのか?と言うとお酒の量が少し多くなり夜中に尿意をもよおす、さすればどうしても目が醒めて次までの熟睡タイムまでに時間がかかると言う訳だ、お蔭で瞼が少しピクピク痙攣しだした

 

その尿意を夜中に2回も繰り返すとAM4:00起床時間や睡眠の質が落ちるのも仕方ない事である

RIMG5192

「お酒を控えればいい!」そう考えながらノルディックウオーキングしながら思い改める

 

ノルディックの利点は自転車で使った脚をトリートメントしたり体幹の連携動作の有無を確認したりこの運動が良く分かる、関節の動きが上手く連携できていないとギクシャクしたウオーキングになるからだ

RIMG5194

動きの連携と言えば最近来院者様の寝返り動作のぎこちないお方を良く見かける、年配のお方ならまだ頷けるが若い女性や腰痛持ちのお方によくお見受けする

 

それは腹筋が上手く使えていない寝返りである、実はその原因には「頸椎の屈曲」にある

RIMG5201

例えば仰向けから寝返る際に首を一番に持ち上げて(前屈)上肢の向きを変えようとする、しかし首を曲げない状態(後屈)ではかなり難しいのである、また首を後屈したまま腹筋運動が出来るかどうか?かなり困難である、是非一度試して頂きたい

 

首を屈曲する事で腹筋群との連携が取れるので前記の動作が可能になる、もちろん顎を持ち上げすぎたノルディックウオーキングや自転車のポジションもおなかに力が入りにくいのを知っておくべきだ

関連記事

コメントは利用できません。