ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

ノルディックウオーキング!支持基底面を意識で姿勢矯正

2014.08.22

コメントは受け付けていません。

RIMG0409

おはようございます22日(金)今朝は西の空にかなりの稲光と頭上には晴れ間と言ういかにもこれからお天気は下り坂の模様、すかさず携帯でウエザーニュースを確認すると雨マークと雷マークの混在

 

リスク管理と日頃の自転車オンリーのトレーニング修正に丁度良い、本日は近所をノルディックウオーキングを行う

RIMG0408

院から備後吉備津神社を経由して新市町6kmの旅に出た、外に出たものの稲光が音もなく物凄いが頬に当たる空気が冷たい、よって降る気がしないがそこはリスク管理で事前に危険は回避したい

 

さて本日は「支持基底面」を意識してのウオーキングを行った

RIMG0429
夜が明けて空を見上げると入道雲

支持基底面とは、人間の体を支えるにあたり安定する面(下画像赤囲み)である、そして橙色十字の中心に重心線を持ってくるようにすると体幹は安定する

 

そしてその重心は支持基底面の中に必ずある、更に黄色線の様にノルディックポールを地面に付いていると支持基底面が広くなる、また逆に片足立ちになると支持基底面は片脚の裏面に縮小されその中に重心線を置かないと立つことが出来ない、なのでお年寄りが杖を付くと体が安定するのである

RIMG0440

今日はここに意識を持って行き骨盤を少し前傾に傾け上肢の位置を支持基底面よりやや前方(前に進むので)でウオーキングを行う

 

この支持基底面を意識しながら自転車のシートポジションやハンドルとの距離を考えると少し足を回す過負荷が減少して楽になるのではないのだろうか?そう考えても見た

RIMG0435

もちろん日常の生活やまして当院への来院者様はこの支持基底面の崩れが多々見受けられる、それは骨盤の後傾であったり上肢の亀背であったり原因はさまざまである

関連記事

コメントは利用できません。