ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

早朝のノルディックジョグでポール先端にあるゴムの向きがいつも変ってしまう原因を考えた時、痛みに変化する原因がある事に気が付く

2014.01.23

コメントは受け付けていません。

IMG_7435
おはようございます
23日(木)本日の福山市新市町も霜が降りたちかなり冬らしい季節です、備後吉備津神社傍の御池の手すりも真っ白になっていました

そんな中、本日もノルディックジョギング!冬らしい透明な景色を楽しみながら心と体幹を揺らして参りました

IMG_7430
さて、今日のシンキングジョグのテーマは「アスファルトパッドの向き」です

いつも私がノルディックジョグやウオーキングを行うとその後必ずポール先端のゴム(アスファルトパッド)の向きが左右異なります、その原因は手の振り方の左右差でした

本人は左右均等に腕を振り手首などの角度を決めているつもりでした、しかしながら異なったのです、更にその原因を追究するとやはり体幹の振りの左右差を路上に写る影や鏡で確認出来たのです

もし、私がポールを持たずにジョグしていたらその運動差が下肢から膝へ伝わり足首を経由して靴底の減り方にも影響してやがて痛みに変化するのだと思います

さて、あなたのソールの減りは大丈夫ですか?

関連記事

コメントは利用できません。