ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

故障しない努力

2016.12.14

コメントは受け付けていません。

RIMG2579_R

昨日もバトミントンをされる10代女子選手の来院

 

右の肩が外れた感じで痛いとの事、結果的には右肩甲骨が足方へ下がり肩凝り容態と思われる

RIMG2598_R

詳しくは症例集では無いので割愛する、しかしながら折角技術がUPしても故障をしては何にもならない

 

リハビリの段階でまたゼロに近い所から復活を強いられる、もちろん出来る事が出来ない段階で日常生活を送る、私達もその範疇に入る事を忘れてはならない

IMG_2556 (1)_R
※症例集:2年3か月ぶりの腰痛より

今朝は私もケアリングのつもりで走りたい気持ちを抑えた、ストレッチはこの前腰の違和感を感じた頃から毎日猛反省して行っている、この来院者様も腰痛であり真っ直ぐに立てない、こうなると元に戻るまでかなりの時間と身体の自由を奪われる

こうあってはならない!身体の硬い自身を変える為にノルディックウオーキング+スタティックストレッチを行う

RIMG2575_R

曇空を見上げながら歩く、距離2.2km タイム0:31:41 平均ペース13:47/km 平均速度4.4km/h 平均心拍106bpm 最大心拍133bpm カロリー205kcal 有酸素運動01:36 無酸素運動00:00

 

こうして見ると歩くだけでは消費も余り促せない、もちろん心拍もUPしないので無酸素運動にて筋力強化も期待できない

RIMG2604_R

もちろん今日はトリートメントのつもりだから問題ない、しかしながら歩くだけでは余り身体能力的には変化ない事に注視

 

だからここで「スタティックストレッチ」を取り入れた、ストレッチの予備がノルディックウオーキングだとお考え頂きたい

RIMG2622_R

かくしてプロスポーツ選手も故障の多い選手、はたまたほぼ故障しない選手と様々

 

各競技の特殊な技能能力は無視して人間本来に戻る、身体ひとつ=最小単位に戻った時故障の無い身体=健康が一番強い

RIMG2627_R

ストレッチをしていると顔面にポツリ、やる気を残しながらのダークグレイな天井

 

遂に我慢出来ない様だ、近くを歩きストレッチを行うメニューが今日はここでも功を奏した

関連記事

コメントは利用できません。