ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

ノルディックウオーキングで白線を辿る

2015.07.10

コメントは受け付けていません。

RIMG0659

最近自転車が楽しくてつい疎かになっていたノルディックウオーキング、久しぶりに今日の相棒になって貰うのだ

 

10日(金)昨日夕方に雨が降り台風9号の影響で定まらない予報、そんな中今朝は何とか雨は大丈夫のようだ

RIMG0620

モコモコとした夏らしい雲の合間から朝焼けが顔を覗かす、久しくこの様な空には出会えない・・・いつも曇り空ばかり見ているとそんな感覚にさえなる

 

そうして今しばらく降りそうになり空の下を楽しむ、2本のポールが地面を叩く音とスニーカーの接地音でAM5:00の路面を震わせた

RIMG0653

いつもなら土手ばかりウオークするのだが今日はわざと一般道を通る、その狙いは白線に沿って歩いてみる事なのだ

 

前記した様に最近は自転車ばかり乗っている、そしてパワーやケイデンスばかりに気を取られているのが実情である、果たして無駄のない動きが出来ているのだろうか?

RIMG0631

本日はそんな観点からもわざと自転車と言うアイテムを外す、基本である私自身が真っ直ぐ歩いているのか?再確認した

 

真っ直ぐ歩けないのは様々な原因があると考える、例えば足先の開きの左右差、股関節の向きや体幹回旋の左右差・・・しいては片足立ちの際に中殿筋がしっかりと股関節を支持しているのか?などなど多岐にわたる

RIMG0656

もしも上記の要因に対して更に自転車と言う機材を加えて「真っ直ぐ乗れているのか?」を検証するのは少し困難かもしれない

 

なのでひとつづつ因数分解をする様に人間としての基本動作を検証、その為にもこのノルディックウオーキングは優れていると考える

RIMG0652

そんな事を考えながら・・・ふと河川敷へと目を落とす、そこには1羽の鷺が水面を必死で睨んでいた

 

息を停めているかのように草と同化して獲物を狙っていた、画像には写っていないが実は片足立ちで停まっている

RIMG0638

「あれ?雨か?」そう勘違いするくらい魚達が水面すれすれに飛んでいる虫を食べて幾重にもなる水文を立てていた、それをじっと・・・いつまでもその時を待っているのだ

 

カメラのファインダーを向けても微動たりもしない、もしかして私達にこの片足立ちが出来るだろうか?

RIMG0669

そんな基本動作が出来ていないと動物たちは生死に関わる、なんせ餌が捕獲できないと言うリスクさえなる

 

私達は「文明」に守られ生きている、運動不足などで関節の正常な動きや前後左右差などを見過ごし痛みが出ても「道具や機材」でカバーする、そのリスクもノルディックウオーキングなど身体を動かす事で気づきや修正まで可能だ

関連記事

コメントは利用できません。