ノルディックウォーキングと写真を通じて、やわらぎ整体堂と地域の関わりを紹介します。

昨日記事股関節痛を深堀り

2018.11.23

コメントは受け付けていません。

PB239014

今朝もいつも通りの朝を迎え今朝はジョグスタート、勤労感謝の日で院はお休み

 

ゆったりと迎えた朝を楽しむかのように、スニーカーを履きリズム良く歩を進める

PB238987

素戔嗚神社(スサノオ)は通称天王さんと地元では呼ばれ親しまれた、今現在銀杏の落葉で地面は真っ黄色

 

それも画像に収めたくて参拝、勿論毎日生きて来れた感謝は忘れない、こうして2本の足で走る事の歓びは痛みが有れば出来ないのだ

 

 

 

 

|昨日記事股関節痛について

外旋六筋の過緊張からの股関節過外旋があり昨日確認した、この事からも考えられる事を備忘録を兼ねて記事にした、やや難しく書いたが歩様に異常が出ているかどうか症状との関連性の確認である

 

下図、歩行周期に於けるLR(ローリングレスポンス)~Mst(ミッドスタンス)「立脚応答期~立脚中期」の対側、Isw(イニシャルスイング)~Msw(ミッドスイング)「遊脚初期~中期」の動作が上手く行かない事を仮説

2018-11-22 16.57.40

次回歩行周期を確認すると同時、中臀筋前部繊維 小殿筋 外側交筋 後脛骨筋の過緊張を確認

 

股関節の内旋制限は認めているので、足首の回内・外左右差動作で腓骨筋の伸縮性を確認し精度を高める、次回ここを確認して症例集に反映したい

 

 

 

 

|細部まで影響する筋緊張

歩行周期の乱れは時として体幹をはじめ捻じれや歪みを生む、それだけでは無く最終的には痛みさえ引き起こしてしまうから厄介だ

 

口を酸っぱくしながらいつも書くが、その理由がこの筋組織のバランスの崩れによるもの、それが歩行周期に影響している事を伝えたかった

564369155.633766

歩行周期や姿勢、様々な要素がヒトの痛みに関わる

 

そう言えば先日椅子を新調しデスクとの距離・座面高さを調整、私自身もこうして日頃の立ち振る舞いを気を付けるようにしている

関連記事

コメントは利用できません。